記事メニュー情報

情報
どこが凄い楽天カードで溜まる楽天ポイント
CHECK
楽天キャンペーンのポイント2倍に注意
CHECK
楽天キャンペーンポイントの使い方
記事
楽天カード申し込み時に考えること

どこが凄い楽天カードで溜まる楽天ポイント

 楽天カードといっても、MasterCardやVISAやJCBと提携しています。

 私は、持っているカードと重複しないMasterCardを申し込みました。

 

 楽天カード持っているかいないかだけで、毎月数百ポイント以上は違うでしょう。

 知らなかった、面倒だから、、が永い間では大きな違いとなります。 

 

 楽天利用者はランクにより優遇が異なります。

 楽天カード保有はダイヤモンドランクの資格前提にもなっています。

 

 楽天カードの利用ポイントもランクアップ対象になっていますので、回数、ポイントを稼ぐ事ができます。

 現在プラチナランクになっていない会員でも、楽天カード保有で容易にダイヤモンドランクになるでしょう。

楽天の買い物を楽天カードでする

 楽天で買い物をして楽天ポイントが溜まるのは、楽天カードを持っていてもいなくても同じです。

 しかし楽天カードで支払うとポイントが付き、結果として4倍ポイントが溜まります。

 楽天カードで買い物をしたときの特典は、さまざま有ります。

   詳細は、楽天カード新規入会キャンペーン で確認して下さい。 

 楽天カードを契約したとき、標準では支払いカードは楽天に変わりますので、カードで支払えばどんどんポイントが溜まっていきます。

他のネットショップや店での買い物でも楽天カード

 楽天カードで契約したMasterCardやVISAやJCB、カード支払いが可能なショップでは、  アマゾンでもヤフーでもその他のネットショップでも、実店舗でも使えます。

 楽天カードの支払いで1%のポイントが付きます。

 

 (流通系のカードでは、自社店舗での購入は5%から10%オフにするものが多いので、  よく使うデパート、ストアは個別にカードを持って使っています。)

携帯などの各種引き落としも楽天カード

 引き落としを楽天カードにすれば、楽天カードの支払いで1%のポイントが付きます。

 私は一円の得にもならない銀行からの直接引き落としをしていたので、楽天カード支払いに変えました。

楽天キャンペーンのポイント2倍に注意

 楽天はいつもどこかでキャンペーンをやっていてポイント2倍の文字が溢れています。

 このポイント2倍で誤解を招きやすいのは、どんどん倍になってゆくような気分になる事。

 大量にポイントが配布される楽天スーパーキャンペーン、期間内に何回買い物をしたかでポイント倍率がどんどんアップして行きます。

 ポイント5倍迄買い物をしたとして、

  ポイント10倍キャンペーンをやっている店で購入した商品のポイントは、50倍になるのか?

 そんな訳は有りません、1倍を基準にして4倍の付加ということになります。

楽天の言うポイント2倍は常に1倍を基準にしたものと考えて良さそうです。

楽天キャンペーンのポイントはランクアップ非対象で期限限定

楽天は買い物の回数とポイント獲得数で会員のランクを決めています。

キャンペーンでのポイントの付加分については、ランクの計算外です。

もっともキャンペーン常習者は、とうに上限のランクに貼り付いているでしょうから関係はないでしょう。

期間限定は、ポイントの利用期間が短期に限定されることで、 無理やり欲しくないものを買わされるということになるとかなり負担です。

私は、以下の楽天キャンペーンポイントの使い方に書いているような方法で、この負担を回避しています。

楽天キャンペーンポイントの使い方

スーパーセールなどのキャンペーンでの付加ポイントは、ランクアップ非対象期限限定です。

数千ポイントなどが期間限定で付与されます。

 

限定期間中は不思議とスーパーセールなども有りません。

短期間の期間限定ポイントは、何に使ったら良いのか迷います。

楽天ポイントで日常品のお買い物

私は、楽天のネットスーパーをよく使っています。

その支払いを全額スーパーポイントでと言うのも珍しく有りません。

 

爽快ドラッグやケンコーなどで日用品、水を買うこともあります。

 

無効にするよりは金券を購入

説明

それでも手頃な欲しいものが無かったら、無効にするよりはと、金券ショップで交換しておきます。

贈答用の封筒に千円のJCBなどのギフトカード が1095円+送料120円 = 1215ポイントで手に入れます。

 

楽天ポイントの消化が目的なのですから、金券ショップで980円で購入できるのに、なんて言わないでください。

贈答用になっていますので、何かのときに役に立ちます。

少量のポイントが余ってしまったら

送料無料の本や、メール便の商品を購入するというのも有りですが、 今はまっている、電子書籍。

楽天koboイーブックストア

安い価格の本もたくさん有って、便利です。

 

参考記事:
   楽天の電子書籍リーダーKOBOは癖になりそう

楽天カード申し込み時に考えること

家族カードを申し込むかどうか?

カードの利用は本人名義が原則です。

楽天ショップの購入でも、本人名義が必要です。

家族も利用するなら家族カードも申し込んでおいた方が良いでしょう。

 

楽天スーパーポイントにEDY機能(後からの追加も可能ですが)は付けておくと便利です。 ヨドバシカメラやイトウヨウカドウなど大型加盟店も多い楽天EDY、楽天スーパーポイントを楽天カードのEDYに簡単に移動できます。

 

キャッシュ枠は、リボ払いは、必要なら設定します。

 

楽天カードを申し込むと、今なら5000円分(通常は2000円)の楽天スーパーポイントが付与されます。

ただし、無条件で付与されるわけではなく条件が有ります。

などなど、、、さまざまな特典のある楽天カードを有効利用するのが賢いネット生活だと思います。

  楽天カードに関する詳細は、楽天カード新規入会キャンペーン   でご確認下さい。

  

このページの先頭へ